大相撲五月場所

日本の国技でありながら、インターナショナルな試合が繰り広げられている相撲。モンゴル、ジョージア、ロシア、ブラジル、中国、エジプトなど、国も背景も異なる力士たちが、無差別級で体をぶつけ合う戦いは、真剣そのもの。勝てば新人でも上位に就き、負ければあっという間に階級が下がってしまいます。実力だけが評価され、のし上がってくる、そんな男たちの熱い戦いがここにあります。

体重も体つきも異なる関取たちであっても、ハンデはつきません。それでも体の動きや重心のわずかなバランスによって、体格の違いを感じさせない本気の勝負が、大勢のファンを魅了しています。近年では古くからの年配のファンだけでなく、若い女性の間でもブームとなっており、どの開催場所でも、連日満員の人気ぶりです。

元々は神々に奉納する神事として執り行われていたもので、江戸時代に興行として現在の形に近いものに発展していきました。そのため日本画や浮世絵のモチーフとしても古くから描かれてきました。力士たちの所作の一つ一つ、次々に交代しながら戦いを仕切る行司たちの装束と軍配、伊勢神宮から切り出してきた神木で組まれた吊り屋根、場所ごとに土を固めて組まれる戦いの舞台である土俵など、美しい日本の伝統を感じさせる要素がそこかしこに見られます。

そんな大相撲の公式戦となる「本場所」は2ヶ月に一度開催され、五月場所は東京の両国国技館で行われます。 自由席券は当日朝8時から発売されますが、人気のため予約をして観戦するのがオススメです。最も高価な土俵際の席は、競争率の高い抽選ですが、運良く座れると、土俵から突き出された力士たちが落ちてくることもあるので注意してください!

開催日:2016年5月8日(日)~5月22日(日)
開催場所:東京都墨田区横網1-3-28
開催時間:8:30〜18:00
ウェブサイト
入場料:2,200円〜14,800円

Leave a Reply

あなたのメールアドレスは公開されません。 記入必須項目には*マークが付けられています。