2017年に無くなる東京のランドマーク3選

2016年も終わりに近づく今、東京の3つの有名なランドマークも終わりを迎えようとしています。中央区、お台場、銀座の景色も変わってしまうでしょう。観光客やファンは消えゆく名所をどう楽しむのがベストでしょうか?Tokyo.comがその答えをお教えします。

1. ダイバーシティ:等身大ガンダム立像・ガンダムフロント東京

landmark-diver-city

ダイバーシティ東京プラザはお台場にある、世界に一体しかない等身大ガンダムが警備を務めるショッピングモール。しかし残念なことに、2017年3月5日をもってその大きな戦士もこの土地を去ることになりました。また、ダイバーシティ内のガンダム博物館・ガンダムフロント東京も2017年4月5日で営業を終了することが決まっています。

ダイバーシティのガンダム見納め・買い納め:
1. 光と煙の中で動くガンダム立像の見納め。
2. スクリーンに映し出されるガンダムの戦闘シーンの見納め。
3. ガンダムフロント東京でしか手に入らないグッズの買い納め。

2. 築地市場

landmark-tsukiji

築地場外市場と新しくできた築地魚河岸が残る中、2017年の年末に80年もの歴史ある築地市場が豊洲に移転することになりました。築地移転や築地魚河岸について詳しく知りたい場合は、築地市場の移転と築地魚河岸に訪問する際のポイントをご参照下さい。

築地市場で食べ納め・学び納め・見納め:
1. すし大龍寿司といった有名な寿司屋で食べ納め。
2. 料理教室で和食の学び納め。
3. マグロの競りの見納め。(※入札するには朝3時に行く必要があります)

3. ソニービル

landmark-sony

銀座でひときわ目立っているソニービルが2017年3月に営業を終了し、取り壊されることになりました。年間4百万人もの来場者を獲得するこの電化製品の殿堂は、銀座プレイスへ移転します。跡地には、2020年東京オリンピック・パラリンピックのための「銀座ソニーパーク」ができる予定です。

ソニービルで見納め・学び納め・買い納め:
1. 2つの展示会でソニーの数々の成功と今後のビジョンの見納め。
2. ソニーのチャリティ・プログラム「スマトラの森をまもり、地球温暖化をくいとめよう」でWWFジャパンの「スマトラ島森林保全プロジェクト」と「地球温暖化対策プロジェクト」について、学び納め。
3. ソニーストアでフラッグシップカメラの買い納め。

Leave a Reply

あなたのメールアドレスは公開されません。 記入必須項目には*マークが付けられています。