日本の民泊に泊まる際に知っておくべき2つの事

2016年の年間訪日外国人旅行者数は史上最多の2400万人に達しようとしています。そこで日本では、観光産業発展のために、民泊に関する規制緩和を進めています。さらには、2020年に東京でオリンピックが開催されることもあり、日本政府は2020年までに年間訪日外国人旅行者数4000万人の達成を目標にしています。Tokyo.comは、日本の民泊ご利用の留意点をご紹介します!

minpaku-law

1. 民泊は合法(東京)

飛行機に乗る前に、予約した宿泊施設が合法の民泊であるかどうか、しっかりとチェックしましょう!民泊を名乗る宿泊施設が日本全国とこでも合法という訳ではないのでご注意下さい(国家戦略特区では合法)。また、国家戦略特区で民泊を名乗っていても、必ずしも民泊サービスの免許を持っているとは限りません。免許を取得した民泊へのご宿泊をお勧めします。

minpaku-duration

2. 合法の民泊の最低宿泊日数は二晩

東京と大阪の民泊は合法ですが、旅館業とは別の基準があります。例えば、民泊を利用する際は最低二泊三日から。ルールがとても複雑なため、直接民泊に問い合わせるか、広島修道大学商学部・富川久美子教授の説明を読むことをお勧めします。

Leave a Reply

あなたのメールアドレスは公開されません。 記入必須項目には*マークが付けられています。